橿原市 借金返済 法律事務所

橿原市在住の人が債務整理・借金の相談するならどこがいい?

債務整理の問題

橿原市で借金・債務の悩みを相談する場合、どこがいいのか決めかねていませんか?
どうせ相談するなら、優秀な司法書士や弁護士がいる法律事務所・法務事務所を選びたいですよね。
ここでは、ネットで無料相談出来る、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
もちろん橿原市の人もOKですし、相談は無料なので安心です。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている人にもおすすめです。
借金返済・お金のことで困ってるなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決策を探しましょう!

橿原市の方が債務整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

橿原市の借金返済・債務問題の相談なら、コチラの事務所がおススメです。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払いは、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の督促をSTOPすることもできます。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、債務・借金の悩みについて相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリの方法で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心です。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

橿原市の人が債務整理や借金の相談をするならまず、コレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国に対応のサービスなので、橿原市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の橿原市近くにある法律事務所・法務事務所紹介

橿原市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●原田司法書士事務所
奈良県橿原市木原町181-5
0744-26-2545
http://h-legal.jp

●奈良総合法律事務所
奈良県橿原市内膳町5丁目3-31フクダ不動産八木駅前ビル3F
0744-23-8611
http://nara-law.com

●司法書士オフィス道
奈良県橿原市新賀町209-3上田ビル3F
0744-23-6868

●立石法律事務所
奈良県橿原市内膳町5丁目2-33中和商事八木ビル5F
0744-21-1977
http://tateishi-law.jp

●かしはら総合司法書士事務所
奈良県橿原市新賀町136-2
0744-22-3801

●なら法律事務所
奈良県橿原市内膳町1丁目1-19セレーノビル2F
0744-20-2335
http://legal-findoffice.com

●橿原法律事務所
奈良県橿原市久米町586森川ビル2F
0744-28-2197
http://narachuo-law.com

●北岡忠義司法書士事務所
奈良県橿原市内膳町1丁目1-40
0744-22-1158

●やまと法律事務所(弁護士法人)
奈良県橿原市八木町1丁目6-23大和信用金庫八木支店ビル4F
0744-24-5315
http://yamato-law.com

●玉井司法書士事務所
奈良県橿原市新賀町235-6橋本第1ビル3F
0744-25-7011

●奥田司法書士事務所
奈良県橿原市八木町1丁目7-39新生ビル2F
0744-24-8918
http://okudaoffice.com

地元橿原市の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、不安なく相談できるのではないでしょうか。

橿原市で借金の返済や多重債務に弱っている方

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者などは、非常に高利な利子がつきます。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンの場合だと年間0.6%〜4%ほど、マイカーローンの金利も1.2%〜5%(年間)くらいですから、その差は歴然です。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定するようなキャッシング業者の場合、利子0.29などの高利な金利をとっていることもあります。
尋常ではなく高利な金利を払いながら、借金はどんどんふくらむ。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないですが、金額が大きくて金利も高利となると、完済は大変なものでしょう。
どう返済すればいいか、もう何も思いつかないなら、法律事務所・法務事務所に相談するしかありません。
司法書士や弁護士なら、借金・お金問題の解決策を見つけ出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金を請求して返す額が減るかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが始めの一歩です。

橿原市/債務整理は弁護士へ依頼するのがおすすめ?|借金返済

債務整理とは、借金の支払いが滞りそうに時に借金をまとめてトラブルを解決する法律的な手法です。債務整理には、民事再生・任意整理・自己破産・過払い金の四種類の手法があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者・債権者が直に交渉を行い、利息や毎月の返済額を減らす方法です。これは、利息制限法と出資法の2種類の法律の上限金利が異なることから、大幅に減額することが可能なわけです。話し合いは、個人でもする事ができますが、普通、弁護士さんに依頼します。人生に通じている弁護士の方であれば頼んだ時点でトラブルは解決すると言っても大げさではないでしょう。
民事再生は、今の情況を裁判所に認知してもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に縮減してもらうシステムです。この時も弁護士さんにお願いすれば申立てまで出来るから、債務者の負担は減少します。
自己破産は、民事再生また任意整理でも返せない巨額な借金があるときに、地方裁判所に申したてて借金を帳消しとしてもらう制度です。このときも弁護士の先生に頼んだら、手続も順調に進むから間違いがありません。
過払い金は、本来ならば返済する必要がないのに貸金業者に払いすぎた金の事で、弁護士、司法書士にお願いするのが一般的です。
このようにして、債務整理はあなたに適合した方法を選べば、借金に苦しみ悩んだ日々を回避できて、人生の再スタートをきる事が出来ます。弁護士事務所によっては、借金又は債務整理に関して無料相談をやってる場合もありますので、まず、連絡してみたらいかがでしょうか。

橿原市|自己破産のリスクって?/借金返済

率直に言えば世間一般で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。マイホームや土地や高価な車など高価なものは処分されますが、生きていくうえで要る物は処分されません。
又二十万円以下の預貯金も持っていていいのです。それと当面数か月分の生活するために必要な費用100万未満なら没収される事は無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれも極僅かな人しか目にしないでしょう。
また俗に言うブラック・リストに掲載されて七年間の期間はローン・キャッシングが使用できない状態になるが、これは仕方のない事なのです。
あと決められた職種に就けなくなると言うことが有るのです。しかしながらこれもごく一定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返済することのできない借金を抱えこんでいるのならば自己破産をするのも1つの手口です。自己破産をすれば今日までの借金が全て無くなり、新たな人生をスタート出来るという事でメリットの方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や税理士や司法書士や公認会計士などの資格は無くなります。私法上の資格制限として後見人や保証人や遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役等にもなれないのです。だけれどもこれらのリスクはあんまり関係が無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃ無い筈です。