奈良市 借金返済 法律事務所

債務・借金の相談を奈良市在住の人がするならどこがいい?

お金や借金の悩み

自分一人だけではどうしようもならないのが、債務・借金返済の問題です。
金額がどんどん多くなり、利子くらいしか返済できない。
借金返済に関しては、1人で悩んでいても解決は難しいものです。
奈良市にお住まいの人も、まずはネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみては?
いきなり事務所に出かけて直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるかもしれません。
もちろん、奈良市の方でもOKな法務事務所・法律事務所を紹介しています。
1人で悩まず、弁護士・司法書士に相談することが、借金問題解決への第一歩です。

債務整理や借金の相談を奈良市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の債務や借金返済問題の相談なら、この事務所がお勧めです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、借金や債務の悩みについて無料相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や債務の悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分にピッタリの方法で借金問題を解決します。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、お得に解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心です。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

奈良市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネット上の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも無料&匿名で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、奈良市に住んでいる方も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談と診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の奈良市近くにある法律事務所・法務事務所を紹介

他にも奈良市には複数の法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

奈良市にある地元の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

奈良市在住で借金の返済や多重債務、問題を抱えたのはなぜ

消費者金融やクレジットカード会社などからの借入れ金で悩んでいる方は、きっと高額な金利に頭を抱えているのではないでしょうか。
お金を借りてしまったのは自分ですので、自己責任だからしょうがないでしょう。
しかし、いくつものクレジットカード会社やキャッシング業者からお金を借りていると、額が膨らんで、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまいます。
月々の返済金だと金利しかし払えていない、という状態の方もいるかもしれません。
こうなると、自分一人の力で借金を全部返すことは無理と言っていいでしょう。
借金をキレイにするために、はやめに司法書士・弁護士に相談するべきです。
どうやったら今の借金を全部返せるか、借入れ金を減額することができるか、過払い金はないか、等、司法書士や弁護士の知識をかしてもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

奈良市/借金の減額請求って?|借金返済

多重債務等で、借入れの支払いが苦しい状況になった際に有効な手法の1つが、任意整理です。
現状の借入の状況を改めて把握し、過去に利息の支払すぎなどがあったならば、それらを請求、または現在の借り入れと差引して、更に今の借入に関してこれからの利息を圧縮していただける様頼める手法です。
只、借入れしていた元金につきましては、確実に返済をしていくという事が大元になって、利息が少なくなった分、過去より短期間での支払いが前提となってきます。
只、利子を返さなくていいかわりに、毎月の払戻し額は縮減されるのですから、負担が減る事が通常です。
ただ、借り入れしてるローン会社などの金融業者がこの今後の利息に関しての減額請求に対処してくれなきゃ、任意整理はきっとできません。
弁護士の先生に頼んだら、絶対減額請求ができると思う方もかなりいるかもしれませんが、対応は業者により多様であって、対応してない業者と言うのもあるのです。
ただ、減額請求に応じない業者はもの凄く少ないです。
ですので、現に任意整理を行い、クレジット会社などの金融業者に減額請求をやるという事で、借入の心配事が大分軽くなるという人は少なくありません。
現実に任意整理が出来るか、どれだけ、借入の払戻しが減るか等は、まず弁護士の先生に相談してみるということがお奨めでしょう。

奈良市|自己破産のリスクってどんなもの?/借金返済

はっきり言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車・土地・マイホームなど高価格の物件は処分されるが、生活する中で必要なものは処分されないです。
また20万円以下の貯金は持っていてもよいです。それと当面の間数ケ月分の生活する為に必要な費用100万未満ならば持って行かれる事はないのです。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれも極特定の人しか見ないのです。
又俗にブラック・リストに記載されて七年間の間ローンまたはキャッシングが使用出来ない情況になりますが、これはいたしかたないことなのです。
あと定められた職に就けないということもあるのです。ですがこれもごくわずかな限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返金する事が出来ない借金を抱えこんでるのであれば自己破産を実行するというのも一つの進め方でしょう。自己破産を進めたら今までの借金がすべて帳消しになり、新規に人生をスタートできると言う事で良い点の方が多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や弁護士や司法書士や税理士などの資格は取り消されます。私法上の資格制限として遺言執行者、保証人、後見人にもなれません。また会社の取締役等にもなれません。しかしながらこれらのリスクは余り関係ない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物じゃ無い筈です。